読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茜空に舞う

日常の問題や悩みを解決し、より快適な明日へ。

粉末洗剤と液体洗剤でどう違うの?洗濯で使い分けをする必要あるの?

生活 生活-洗濯

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:akanesky:20151011185815p:plain

あなたは、衣類の洗濯に、粉末洗剤と液体洗剤のどちらを使っていますか?
買うときに、どちらがいいんだろう?と思ったことはあるのではないでしょうか?

そのとき、そのお店でお買い得な方を買っているのかもしれないですね。

7割以上の方が、液体洗剤を選んでいる

昔は、粉末の方が圧倒的に多かったですが、最近は、液体も多いですよね。
液体の方が進化版のような感じがして、なんとなく、液体を使っている人も多そうですね。

マイナビウーマンの調査では、液体タイプ派は、77.3%だそうです。
「粉末は、飛び散る」とか、「水に溶けやすい」という理由で、液体タイプを選ぶ人が多いようです。

液体タイプと粉末タイプは使い分けがベスト

結論から言うと、液体タイプと粉末タイプで、得意不得意があるので、使い分けをするのがよいです。

泥汚れやシミなど、頑固な汚れの洗濯には、粉末洗剤の方が得意です。
一方、皮脂汚れの洗濯には、液体洗剤の方が得意なのです。

上記をふまえると、お子さんのユニフォーム体操着などを洗うときは、粉末洗剤を使うべきですね。

なぜ、粉末洗剤と液体洗剤で特徴が異なるの?

洗剤の基本成分は、「アルカリ剤」「界面活性剤」です。
粉末洗剤と液体洗剤とで、この2つの成分のバランスが異なります。

f:id:akanesky:20151011185944j:plain:w360

アルカリ剤は、泥汚れに強く、界面活性剤は、皮脂汚れに強いのです。
そして、粉末洗剤は、アルカリ剤を主成分としていて、一方で、液体洗剤は、界面活性剤を主成分としています。

まとめ

  • 泥汚れやシミなどの頑固な汚れには、粉末洗剤を使用する。
  • 皮脂汚れには、液体洗剤を使用する。

これからは、ぜひ、液体洗剤と粉末洗剤の両方を備えておいて、使い分けましょうね。